義歯・インプラント・口腔外科

噛み合わせ治療と義歯

噛み合わせ治療とは?

お口の中は本来左右対称であるのが理想です。
うまく噛めなかったり、入れ歯が合わずに痛みが出たりするのは、 お口の中のバランス(左右対称)が崩れ、歯やお口本来の働きが しっかりできていないことが要因です。

顎の理想的なバランスと歪み比較

人間の身体にとって、かみ合わせはとても重要です。
しかし、毎日の生活習慣や様々な要因によって少しずつバランスが崩れ、 頭痛・めまい・肩こり・体調不良など、全身の健康問題にまで影響が出てしまいます。
 
噛み合わせ治療(シンラシステム)は、お顔やお口全体のバランスを整える治療法です。 噛み合わせやお口の周りの筋肉の動きまで考え、 お口全体のバランスを整えるため計画的に治療を進めます。
(※シンラシステムは自費治療となります)

噛み合わせ治療 ー こんな症状の方にお勧めしています

・入れ歯安定剤のいらない快適な入れ歯が欲しい
・原因不明の頭痛や肩こりがつらい。
・入れ歯調整のために何度も歯科医院に通うのはイヤ。
・顎が曲がっていて噛み合わせが良くない
うまく噛めない。
 
上記のような症状で多くの歯科医院へ通ったけれど治らないというご経験をなさっている方におすすめしています。

噛み合わせ治療(シンラシステム)の流れ

1. お口の中全体の状態を診査します。
2. 体の中心を基準に全身の状態を診査します。
3. フェイスボウトランスファー、ゴシックアーチトレーサーという道具を用いて診査します
 
これらの診査のもと、理想的なかみ合わせを咬合器上に再現します。

義歯 − 快適で健やかな食生活を送るために

歯を失ってしまった場合、義歯(入れ歯)によって本来の機能を補うことが必要となります。
義歯には様々な種類があります。おひとりおひとりに合った義歯をお使いいただけるよう、ご相談を承ります。

レジン床(保険適用)

保険で診療できる総入れ歯で、「レジン」というプラスチックで歯肉に触れる部分ができています。金属製の入れ歯よりも熱伝導率が低いことで、食べ物の温度を感じづらくなることがあります。

レジン床
ノンクラスプデンチャー(保険適用外)

プラスチック製の義歯を支える部品を使うため、見た目がきれいで、金属製の金具も目に入らず、義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉と同化するため、外からは入れ歯だと気が付きにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー(保険適用外)
金属床(保険適用外)

レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。
薄さと強度を併せ持ち、落としても割れたりする心配がなく、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

金属床(保険適用外)
磁気アタッチメント義歯(保険適用外)

目立ちにくく、しっかりと噛めるうえ、装着感もよく、グラつきがないのが特徴です。
精密な装置や小さな強力磁石を使用しているので、取り外しも簡単です。

磁気アタッチメント義歯(保険適用外)

これまでの義歯でお困りの方へ

インプラント

インプラント治療とケア

歯を失ってしまった部分に人工の歯根を埋め、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。
歯を失った部分は顎の骨がやせてきます。骨が痩せると顎が小さくなり、顔のゆがみの原因にもなります。
埋め込まれたインプラントは顎の骨とくっつき、骨が痩せるのを防ぎます。
また、かみ合わせや咀嚼などの安定性が高まり、自分の歯と同じように食事ができます。

インプラント治療の流れ

歯の状態を丁寧にカウンセリングし、失ってしまった歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、インプラント治療が適切かどうかを診断、レントゲンや、お口の中の写真を撮影することによって、インプラントの治療計画を立てていきます。
(治療の流れは図8をご参照ください)

インプラント治療後のケア

インプラントは金属でできているので虫歯にはなりません。
しかし磨き残しによって付着した細菌が原因で歯周病になり、インプラントが使えなくなってしまうことがあります。
気付いたときにはかなり進行した状態で手遅れになる場合も多くありますので、定期的なメンテナンスを受けましょう。日々の歯磨きで、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使うことも効果的です。

インプラント治療について

アストラテックインプラント

当院では、高水準医療国であるスウェーデン製の「アストラテックインプラント」を使用しております。
4大オリジナルインプラントの1つでもあり、世界中で古くから使われ高い実績をあげています。

アストラテック社は
スウェーデン国がバックアップ

日本でいう公社になります。インプラントは何十年と使用していただきたいものですが、修理の際、会社がなくなっていたり、パーツがないとしたら非常に困ります。そういう意味でも企業として安心できるかどうかということも非常に重要です。

免荷期間が短い

最新のアストラテックインプラントは骨との結合が非常に早く、とても強固な構造になっています。
その結果、従来では長いと6ヶ月必要とされてきた免荷期間が6週間程度でよくなりました。
治療期間の短縮は患者様にとって大きな利益となります。

辺縁骨が下がりにくい

インプラント治療において、必ず経年的な辺縁骨の吸収が気になります。
 
インプラントは天然歯と違い、歯ぐきの防衛機構がありません。そのため、清掃が悪かったり、力のバランスが悪かったりすると、経年的に辺縁骨が下がりやすくなります。
 
しかし、アストラテックインプラントはマイクロスレッド(細かい溝)の構造から辺縁骨が下がるのを軽減させることが出来ます。

astra tech implant system

これまでの義歯でお困りの方へ

顎関節症

スプリント療法による顎関節症の治療

当院ではスプリント療法を行っています。
食いしばりや歯ぎしりによる顎の負担を軽減することで症状を軽減する治療です。
 
・顎に痛みや疲れを感じる人
・顎からカクカクと音がする人
・寝ている間に歯ぎしり・食いしばりをする人
・肩こりや頭痛のある人
 
上記のような方におすすめです。

Page Top