予防・PMTC

お口の健康 3ポイントーしっかり予防して、いつまでも健康な口内環境を!

毎食後、必ず歯みがきをする

ご家庭での毎日の歯みがきは大切!
おひとりおひとりに合う歯ブラシと
磨き方を丁寧にご説明します。

定期的な検診とメンテナンス

たとえば、車に定期的な車検が
あるように、お口の中も定期的に
検査し、継続的なメンテナンスが
必要です。

気の合う
かかりつけ歯科医を!

まずは、通いやすい環境で
あること。次にお口の健康について、
いろいろ相談できる
歯科医を見つけましょう。

専用の機械を使用して、歯の汚れや細菌を徹底的に取り除き、
さらに歯の表面を磨くことで汚れをつきにくくします

PMTC(予防歯科)

毎日しっかり歯みがきをしているつもりでも、歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目には汚れが溜まります。 これらを放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、さらに全身のさまざまな病気の原因となります。

専門家による 専用の機械を使った 歯のクリーニング

毎日の歯磨きでは取り除けない汚れ・細菌を、専用の機械を使って取り除き、歯の表面を磨いて汚れを付きにくくします。
・歯石の除去とは違い、柔らかい器具を使うので、痛みはありません。
・コーヒーやタバコによる歯の着色が気になる方、矯正治療中の方にもおすすめです。

PMTCを3〜4ヶ月に一度行うことで、非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
歯とからだの健康のため、定期的にPMTCをお受けになることをおすすめします。

お口の状態をチェック

歯みがきの状態と歯垢(プラーク)の付着状況をチェックします

クリーニング

超音波を利用して、歯の表面や歯肉の中に付着している歯垢をきれいに取り除き、水と一緒に荒い流します

歯を磨きます

クリーニングで取りきれなかった細かい歯垢や細菌を専用の研磨剤と柔らかい清掃器具で落とします

仕上げ磨き

汚れを付きにくくするため、仕上げ用のきめの細かい研磨剤と柔らかい清掃器具で歯の表面をツルツルに磨きあげます

フッ素塗布

歯の結晶の構成(歯質)を強くするためにフッ素塗布を行います。汚れがない状態だと、より多くのフッ素が取り込まれ効果的です

定期検診 ー 3〜4ヶ月に1度は定期検診を受けましょう!

乳歯や生えたばかりの永久歯はむし歯になりやすく、奥歯のむし歯はなかなか気付かないことがよくあります。歯の治療後も3〜4ヶ月に一度は定期検診を受けましょう。

実際にはレントゲンで調べてみなければわからない虫歯もありますが、むし歯の発見が早ければ早いほど、治療時間も短く、削る範囲も少なく処置できます。
定期的に歯科医院でお口の中をチェックしてもらいましょう!

フッ素塗布とシーラントによるむし歯の予防

フッ素塗布

フッ素には大きく3つの働きがあり、この働きによりむし歯予防に効果を発揮します。
3〜4ヶ月に一度が効果的ですので、定期検診の時にはフッ素塗布を行いましょう。
歯を強くする

フッ素が歯に取り込まれ、むし歯に強い(溶けにくい)歯を作ります

再石灰化を促進する

自然治癒が可能な初期のむし歯では治療を助けることができます

むし歯菌を抑制する

フッ素が歯垢に入り、歯を溶かす酸が作られるのを抑制します

歯科医院で行うフッ素塗布

・家庭用より高濃度のフッ素を使用
・歯の生え始めに行うのが効果的
・3〜6ヶ月ごとに定期的に行う

家庭で使うフッ素洗口

・1日1回30〜60秒うがいをする
・特に寝る前に行うのが効果的
・うがいができる年齢になってから
 使用する

フッ素配合歯みがき剤

・毎日の歯みがきで使用するフッ素
 入り歯みがき粉と、歯みがき後に
 使用するフッ素ジェルがある
・特に歯科専用のものがおすすめ

シーラント

シーラントとは奥歯や前歯の溝をプラスチックで埋め、虫歯を防ぐ処置です。
生えてすぐの6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。

生えてすぐの奥歯は溝が深く複雑で歯ブラシが届きにくいため、ばい菌や食べかすがたまりやすい場所です。

溝がシーラント剤でふさがれ、歯ブラシも当たりやすく、汚れがたまりにくくなります。
シーラントでバリアができ、フッ素入りでさらに効果的。

キシリトールを使った予防

キシリトールとは、イチゴやほうれんそうなどに含まれている天然の甘味料です。
砂糖と同じくらいの甘さがありますが、むし歯の原因にならないだけでなく、食べ続けると悪いむし歯菌を減らす作用があるため、多くの国でむし歯予防に活用されています。
キシリトールを上手に使って、楽しくむし歯を予防しましょう!

キシリトールの効果
むし歯菌に酸を作らせない
歯の再石灰化を助ける
悪いむし歯菌を害の少ないむし歯菌に変える
歯垢を減らす歯みがきで落としやすくする
お父さん、お母さんのむし歯菌を、害の少ない善い虫歯菌に変えてしまいましょう!

むし歯菌がうつるので、大人と同じスプーンを使わない、まわし飲みをしない、子供の口にキスをしてはいけない...
あんまり神経質になると子育てもよけいに疲れてしまいます。
そこで、キシリトールガムを使ってお父さん、お母さんの虫歯菌を害の少ない善い虫歯菌に変えてしまいましょう!
ガムを噛むだけで、自分のお口の健康増進!子供の虫歯予防! 子育て楽々!の一石三鳥なのです。

キシリトールの採り方

小さいときから甘いお菓子が好きで、虫歯ができてしまっているような子供には、代わりにキシリトールのお菓子をあげましょう。キシリトールなら甘いのにいくら食べてもむし歯になることはありません。
当医院ではキシリトールのグミやチョコレートを置いています。
食べ過ぎると便が多少ゆるくなることもありますが、ほとんどの場合、心配するほどではありません。

1日3〜5回、毎日噛む
食事の前後、歯磨きの前、寝る前など、いつ食べてもOK
3ヶ月以上を目安に続ける

Page Top